スポンサーサイト

  • 2020.06.08 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『シュトヘル』(伊藤 悠)

    • 2020.05.11 Monday
    • 20:00

    西夏文字やモンゴル帝国の西夏国(タングート)侵攻を扱ったなかなかユニークな作品。

     

    シュトヘル

     

    あらすじ

    “平凡な高校生・須藤は連日、大昔の戦場の夢を見ていた

    ある日、転校生スズキとの出会いをキッカケに、彼は800年前に処刑された悪霊(シュトヘル)の死体に転生する”

     

    転生モノであり、純愛モノであり、歴史(戦記)モノでもある。

    愛憎、友情、バトル、ファンタジー(?)、ミステリーと色んな要素がテンコ盛り。

    戦争モノに付き物のアレもあるが、かなり控え目であるのもイイ。

     

    ■物語

    基本はキャラクターありきな話だと思った。

    謎解き要素もあるが、どちらかと言えば登場人物の行く末を気にしながら読み進める話だ。

     

    人によっては中ダレを感じるかもしれないが、キレイに終わるので物語全体としては高評価できると思う。

     

    ■作画

    普通に上手い。登場人物の動き・表情・構図どれをとっても安心して読めるハイクォリティ。

    カラーはアナログ?(違ってたらゴメン)で独特の味わいがあって、これもまたイイ。

     

    少年誌らしい力強さとカッコ良さ、女性作家らしい柔らかいペン入れ感が融和してて素晴らしい。

     

    ■キャラ

    登場人物の心理描写も面白いのだが、個人的に少し強引で無理があると感じた。

    それでも、それぞれが美しく魅力的なので問題はない。むしろ、純粋で好ましい。

     

     

    評価:★★★★★(読後感が素晴らしい!全14巻と近年の作品にしては短い方なのでお時間があれば、ぜひ!)

     

     

    独り言:

     

    ※恒例のネタバレ感想です。

     

     

    男子高校生が13世紀のタングートの女戦士(しかも美人)の体に転生。

    面白いけど、やっぱりもっとこう色々とありそうじゃないか?いや、シリアスな物語には余計なのは分かるけどさ。

     

    そして、作中で(少ないけど)ヒロインへの暴行描写(の示唆)があるけど、省いて欲しかったな。

    決して下品ではないし、ストーリー的にも自然なのだが、個人的にレイプが大ッ嫌いなので無かった方が良かった。

     

    後半になるにつれ、強引な展開がある。話をまとめるのに仕方なかったのだろうと思う。

    いや、それが悪いとは言わないよ。むしろ作者の“伸びしろ”として見て置きたい。まだまだ成長する漫画家だと思って応援したい。

     

    まったくの余談だが『シュトヘル』のエロ同人を見たことがあるのだが、なかなか良かった。

    仲むつまじい主人公達をネタにしてるから(ちょっとSMっ気はあっても)基本的にラブラブにな

    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    るよな、うん。それでイイのだ。

    スポンサーサイト

    • 2020.06.08 Monday
    • 20:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM